トイレの水漏れトラブル以外でもリフォームが効果的

トイレの水漏れトラブル以外でもリフォームが効果的 今、トイレの性能は日々進化しています。さまざまな高性能な機能を備えています。現在ではほとんどのトイレが洋式のタイプになっています。トイレの寿命は10年ほどといわれていますが、日々進化している過程で今では約100年持つというものまで出てきています。従来は壊れたら仕方なく交換するというスタイルでしたが、性能だけではなく節電節水効果も非常に高くなっていることから、今では節電節水を目的に交換リフォームするという方も増えています。

■交換時期はいつ頃?

トイレはどのタイミングで交換すればいいか悩んでいる方はいるのではないでしょうか。100.年持つと言われていますが、実際部品などは消耗品なので劣化していきます。そのため10年から20年のタイミングで交換することが必要になります。なのでそのタイミングでの交換が一番よいタイミングです。そのほかにも、実際に便器にひびが入ってしまった場合には交換が必要です。ひびが入ると水漏れや詰まりの原因になることもあります。さらに、最新型は旧式に比べ節水、節電効果が非常に高くなっています。そのためそれを目的に交換、リフォームするケースも多いです。使おうと思えば長く使えるものではありますが、性能は日々よくなっていきます。生涯使うトイレだからこそタイミングを見て交換リフォームすることがお得に便利になることもあります。

■進化しているトイレの便器
近年のトイレの機能の高性能化はどんどん進んでいます。便器の汚れが付きにくいものや男性は尿はねなどを気にされる方もいると思います。特に家族で使用するトイレだからこそ意識している方もいると思います。そんな尿はねを少なくするために便器の水を泡状する機能の付いたものもあります。また掃除がしにくかったウォシュレットの隙間をリフトアップさせ掃除しやすくしたもの、付属の洗剤を入れるだけで常に綺麗に掃除してくれる機能など、メーカーによって次々便利な機能が生み出されています。水の使用量や電気の使用量も驚くほど軽減されています。

■水漏れ、リフォーム業者の選び方のポイント

実際に、トイレ 水漏れトラブルやトイレのリフォームを検討しているがどんな業者が安心なのかわからないことも多いでしょう。その際の選び方のポイントを簡単にご紹介します。まず、便器のメーカーを確認します。今の日本のメーカーは大手3社が9割を占めています。特にこだわらない場合はそこから選ぶとよいでしょう。2つ目は費用です。ホームページやカタログに記載の金額が費用のトータル価格で表示されていることを確認します。最終的に追加費用がかさみ大幅に予算を越えてしまうということがないように事前に確認します。3つ目は自社での一括施工であるかどうかです。中には下請け業者に依頼している会社もあります。その場合、要望や意向が共有できなかったり、不具合が生じたときにトラブルになりかねません。そのため調査から施工まで一括で行ってくれる業者が安心です。最後にアフターサービスがあるかどうかも重要です。施工後のサポートや保証が充実している業者を選びましょう。情報が簡単に手に入る分、自分でしっかり見極めて業者を選ぶことが大切です。

■まとめ
年々、トイレの性能やデザインも進化しよいものがどんどん出てきています。掃除しやすく、高齢者世帯向けに便座がリフトアップするものまであります。節水節電効果も高くなっていて家計にも優しい物がほとんどです。どんどん新商品が出ているため1つ前の型などはどんどん低価格で交換リフォームができるようになってきました。今まで迷っていた方、古いけど我慢していた方なども、もしかすると予想以上にお手軽な価格で実現するかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース